読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこステップ

【子供】【旅】【生活】【日常】を思うままつづる夫婦ブログ

僕が独立して5年間駆け抜けられたのは、このアドバイスのおかげ。

f:id:oyakostep:20170429174444j:plain

夫です。

独立して自分の会社を持って、5年経ちました。

子供が生まれ、「18時に家に帰りたい&面白い仕事だけやりたい」という器の小さな超利己的な理由での独立でした。

 

それにもかかわらず、5年間、新規での営業活動をすることなく、すべて紹介だけで、常に一定の繁忙状態で5年間駆け抜けることができました。

謙遜でも何でもなく、ご縁とラッキー本当に恵まれたと思っています。

 

5年間やってこれたその理由を考えると、ある先輩からのアドバイスに行き着きます。
そのアドバイスがなかったら、ここまでやれていないと明確に言えます。


そのくらい、独立5年後にも活きているアドバイスです。

その先輩からそのアドバイスを頂けたことを本当に感謝しています。

今日は、そんな先輩からのアドバイスをご紹介したいと思います。

 

独立を控えた僕へのアドバイス

その先輩は僕とはふた回りくらい歳が離れています。すでに独立していて、会社も複数経営されている先輩です。

多くの独立する人を応援、アドバイスしてきた方です。

5年前、その先輩と食事としながら、独立の相談をする機会ももらいました。

その際に、先輩は、何気ない会話の一つとして、以下のようなこと教えてくれました。

 

「退職の挨拶メールを送った後、「ご飯行こー!」とお誘いの連絡がどれだけくるかで、独立後の成功/不成功が決まるよ」

 

その言葉がすんなり入ってきた自分。
失礼ながら、先輩からの他のアドバイスは全く耳に入らないくらい、その一言が強烈に頭に残りました。

 

先輩からのアドバイスの本質と僕の反応

先輩からのアドバイスの本質は、「退職前までにどれだけ本気で仕事や人に向き合ってきたか」、それこそが、「ご飯でも行きましょう」につながり、「その後の仕事につながる」と言った意味だったのでしょう。

つまり、退職メールの内容うんぬん、の話ではありません。

 

しかし、きっと、当時の僕はこれまでの仕事と人への向き合い方に不安を感じていたのでしょう笑

すでに準備していた、ネットで探せばすぐ出てくるようなテンプレート退職メールは、速攻で全消し。

また、退職メール送信者リストへの一斉メール計画も中止です。

相手の顔を思い浮かべながら、1件、1件、渾身のメールを送ることにしました。

なんなれば、「食事とか行きましょう!」って自分から誘っちゃってるメールもあったかもしれません。

今思うと、打算的で、ちょっと図々しいですね。

 

アドバイスがどう活きたか?

これまでの仕事のやり方に疑問がある僕でしたが、おかげさまで、退職メールの反応は想像を越すものでした。

退職前の約2ヶ月間、ランチと夕食の予定がかなりぎっしり入りました。

そして、独立からこの5年間の仕事は、ほぼ、その2ヶ月間で決まった仕事でした。本当にありがたいご縁に恵まれました。


なので、この5年間は新規営業を行うということはありませんでした。

独立を決意した瞬間は、仕事が決まっていたわけではなく、正直不安もありました。
ただ、独立がスタートする時には、その不安も解消されていました。

それは、ひとえにその先輩からのアドバイスのおかげだと思っています。


僕も、「独立をしたい」という方の相談を受けることが多くなってきました。

先輩からの受け売りで、
「退職の挨拶メールを送った後、「ご飯行こー!」とお誘いの連絡がどれだけくるかで、独立後の成功/不成功が決まるよ」

というアドバイスをさせてもらっています。