読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこステップ

【子供】【旅】【生活】【日常】を思うままつづる夫婦ブログ

【家族3人でミラコスタに宿泊】魅力・メリット・特典・予約時期・感想などを主観でまとめる

f:id:oyakostep:20170325173308j:plain

夫です。

以下の2つの記事に書いたように、あと1ヶ月で赤ちゃんが産まれるので、家族3人での最後の旅行でもしようということで、ディズニーランド&ディズニーシーに行きました。

 

「家族3人最後」という大義名分があるので、思い切って今回は、3大ディズニーホテルの1つ「ミラコスタ」に宿泊しました。特典も多く充実した宿泊となりました。

僕は何事もすぐに忘れてしまうという、短所とも長所とも取れる特質があります。何か記録をしておかなくては、速攻で記憶が忘却の彼方へ消えます。

 

次は娘が産まれる予定。いつかきっとミラコスタ宿泊をせがまれる日がくる。そんな日のために、ミラコスタに宿泊した【記憶】を備忘録的に残しておこうと思います。

 

ディズニー3大ホテルの中で、なぜミラコスタ?

ディズニー様のお導きか、色々なご縁を頂き、ここ数年、1年に1回はディズニーに来ています。しかも、ディズニー3大ホテルのうち、2つ(「ディズニーランドホテル」「アンバサダーホテル」)に宿泊したことがありました。

 

残るはミラコスタ。そんな単純な理由が最も大きいです。

とはいえ、やはり、宿泊者が享受できる特典、

●宿泊者限定の開園15分前の入園できる「ハッピー15エントリー」
●ディズニシーが目の前で移動も荷物関係も楽

といった点が背中の後押しになりました。

 

ディズニーに対して普通以上でも以下でもない感覚しか持っていなかった5年前の私達夫婦が「5年後、ディズニー直営の3大ホテル制覇したよ」なんて事実を知ったら、「何かあったの?」と本気で心配することでしょう。

 

ミラコスタの予約時期・予約した部屋・費用は?

年明けに思い立ったように「産休入ったら旅行でも行こう」といった話が出た我が家。

なんだかんだで、ディズニーが良いということになり、勢いでミラコスタを予約できたのが1月14日でした。3月1日に宿泊したので、1ヶ月半前の予約です。

「どんな部屋があるんだろ♪どの部屋予約しよーかな♪」くらいの軽い気持で予約サイトを開いたら、1ヶ月半前で3月1日平日の空室状況は・・・、満室でした。

あまりの衝撃で、メガネがズレました。ミラコスタの予約って1ヶ月前でも難しいんですね。

 

空いていたのは、1泊1人約12万8500円の「スペチアーレ・ルーム&スイート ポルト・パラディーゾ・サイド ミラコスタ・スイート」。。。

 

この部屋、カタカナなのに、満足に読めないし、頭に入ってこないし、さすがに1人12万円となっちゃうと明らかな容量オーバー。僕が完全にフリーズしてしまいます。

ミラコスタ事情を全くわかってませんでした。

 

数時間、放心状態後、気力を振り絞り、Google様で調べてみると、予約を取るコツは『キャンセル狙い』とのこと。

その指示に従って、改めてミラコスタのサイトを開いてみると、なんと、1室「ヴェネツィア・サイド トリプルルーム」が空室に!奇跡!

5歳の息子は添い寝にして、念願のミラコスタを1人27800円で予約できました。

 

ミラコスタの内装、部屋の写真、様子など

ミラコスタの内容や部屋は、期待通りで、優雅で心休まるひとときを提供してくれました。

ミラコスタのホテル内の様子

よくわかんないけど、楽しい気分になる地図。このような遊びココロ溢れる絵が色々とありました。

f:id:oyakostep:20170318072320j:plain

 

何に誰が使うのか謎だったけど、存在感があるし、ひと目でめっちゃ高いと分かる家具がロビーすぐ近くの場所にあります。

f:id:oyakostep:20170318072350j:plain

 

な、長い。王族の100メートル徒競走とかはこんな空間で行われるんだろうなぁなんて考えてました。この先を行くと部屋になります。

f:id:oyakostep:20170318072411j:plain

 

真ん中に立つと全身にパワーがみなぎりそうな、こんな模様がたくさんあります。

f:id:oyakostep:20170318072439j:plain

 

ミラコスタの部屋の写真&様子

チェックインの際にその場で名前入りのルームカードを作ってもらえます。そのルームカードを差し込み、いざ部屋へ。

f:id:oyakostep:20170318072526j:plain

 

ドアを開けた瞬間の部屋。いい感じ!期待感が高まります。

f:id:oyakostep:20170318072552j:plain

 

もっと奥に行くとこんな感じ。おおっ。表現力がなさすぎてなんて言ったらいいのかわからないけど、何か良い!

f:id:oyakostep:20170318072640j:plain

 

洗面台とお風呂場のドア。なんか、美しい。

f:id:oyakostep:20170318072748j:plain

 

子供も喜ぶアメニティグッズ。

f:id:oyakostep:20170318072821j:plain

ゆっくり休める部屋で満足でした。

ミラコスタの特典やメリットについて

特典①:開園15分前の入園「ハッピー15エントリー」

f:id:oyakostep:20170318072953j:plain

特典といて最高に嬉しいのは、開園15分前の入園できる「ハッピー15エントリー」。たかが15分ですが、されど15分。この15分の特典のおかげで、息子も大好きなアトラクションである『トイストーリーマニア』に1日3回乗れました。

ただ、開園15分前に行けばすんなりパーク内に入れるというわけではありません。ハッピー15エントリーのチケットを持つ、ミラコスタ宿泊者の列ができています。「15分前入園という特典の最大の恩恵を受けたい」ということであれば、開園30分前、もしくはもっと早く並ぶ必要があります。

特典②:ディズニーシーまで近い

宿泊で、子供もいると荷物が多くなります。ミラコスタチェックアウト後も荷物が預けられ、「ディズニーシーで遊び終わったら、帰り道すがらミラコスタに預けた荷物を受け取って帰宅」そんな、気楽さがとても便利でした。我が家にとっては嬉しいミラコスタの宿泊特典です。

特典③:ディズニーシの宿泊者専用エントランス

この日、雨がパラついたのですが、ディズニーシ内から、直接ミラコスタホテルに行ける宿泊者専用エントランスがあり、雨具を取りに行ったりと気軽にホテルに戻れました。

特典④:パークチケットが割安で購入できる

自分の会社で入会している法人会限定になるのですが、福利厚生の一環で、ディズニーリゾートのコーポレートプログラム利用券(特別団体契約の割引補助)が使えました。

3大ディズニーホテル内であれば、この利用券でパークチケットを購入できるため、ミラコスタでももちろん購入できました。余裕をもって、かつ、割安にパークケットを購入できました。

ミラコスタのちょっと残念な点

ディズニーランドホテルは、ホテル内の売店(コンビニ)が充実していました。軽食から、子供用のおやつまで色々揃いました。

ただ、ミラコスタホテル内の売店(コンビニ)は、特に軽食系の品揃えが少なかった印象です。朝食などがセットでない宿泊プランだったため、売店で買えればと思ってましたが、選択肢が少なく少し残念でした。

ミラコスタの意外だった点

朝、各部屋に産経新聞が届いてました。非現実的な夢空間で、超現実的な情報ツール笑。

f:id:oyakostep:20170318073624j:plain

新聞を毎日読む僕としては、ありがたいし、うれしいのですが、残念がる人もいそうだなと。

ただ、よく考えたら、パーク内ではさすがに新聞は売ってないですし、ディズニーリゾート空間で新聞を見るなら、ホテル内だけですもんね。

感想まとめ

こうやってまとめてみると、色々と思い出され、たくさんの感想があるのですが、長くなったし、そろそろ疲れたので、一言でまとめると、

ミラコスタの宿泊特典は超魅力的!また泊まりたい!

ディズニー関連のこの記事も合わせてどうぞ!