おやこステップ

【子供】【旅】【生活】【日常】を思うままつづる夫婦ブログ

カーズ/クロスロードの感想と次作(カーズ4)について【ネタバレなし】

f:id:oyakostep:20170719061947j:plain

夫です。

5歳の息子はカーズが大好き。

3枚のカーズのTシャツを、毎日ローテーションで着ています。 

そして、7月15日の公開日初日。息子とカーズ/クロスロードを見てきました。

今日は、その感想(極力ネタバレなし)と次作(カーズ4)が出るのかどうかの予想について書きたいと思います。

 

カーズへの想い 

「息子が好きだし、連れて行ってあげた」みたいに書きましたがすみません。

公開日を待ちわびていたのは、息子より僕。

カーズ1、カーズ2はDVDで5、6回は見ています。もう「カーズ」という作品自体に感情移入しまくりです。

奥田民生の「エンジン」とともに流れるたった2分の予告編で涙腺が緩みまくり、冷静な状態に戻るまでに10分かかります。

「カーズ/クロスロード」予告編 

奥田民生の「エンジン」はちょっと、反則ですよね。

ディズニーシーのアトラクション、シンドバッドの「コンパス・オブ・ユア・ハート」も名曲だと思っていますが、自分の中では、それに並びズルいレベル。


【高音質】コンパス・オブ・ユア・ハート【歌詞付き】

さて、話を戻し、感想を。

 

カーズ・クロスロードの感想(ネタバレなし)

はじめに言っておきます。

上記の通り、カーズという作品に感情移入しきっている私の感想は偏ってます。

もはや、冷静な映画の評価なんかできません。

仮に、カーズの登場人物達が、2時間盆踊りしているだけの映画だったとしても、「最高の映画だった」と言ってしまいそう。。。

 

その前提で、僕の感想をお伝えすると「期待を裏切らない面白さ」でした笑 

◎スピーディ感や躍動感あふれるレースシーン

◎キャラクター達の個性

◎カーズ1からつながるストーリー

◎各所に散らばる伏線とラストシーンの展開

僕としてはどれも大満足でした。

 

最も考えさせられたこと 

カーズクロスロードを通して、僕が最も考えさせられたのは、「ライフサイクル」について。よくマーケティング用語として、「プロダクトライフサイクル」と言う言葉が使われると思います。

僕は万物の全てが、これが当てはまると思っています。

製品も、会社も、プロジェクトも、夫婦関係も、恋愛も、モチベーションも、人生も、全てが「導入期」→「成長期」→「成熟期」→「衰退期」と言う流れを踏みます。そして、衰退期のどん底まで行くと、新たなステージでの「導入期」が始まります。

 

具体的なものから抽象的なもの、短期間でも長期間でも、万物の全てがそんな波状の曲線を描き続けます。

いい時もあれば、悪い時もある。

人生も、右肩上がりが一生続くなんてありえません。

 

今回のカーズで言うと、マックィーンの例が最も分かりやすく描かれてます。

絶頂期を過ぎたマックィーンがベテランの域に達し、「成熟期」→「衰退期」を迎えます。そして、「成長期」の真っ只中の新世代のレーシングカー、ストームとその曲線が交差します。

マックィーンだけではありません。

 ・ドック・ハドソンのライフサイクル

・クルーズ・ラミレスのライフサイクル

・マックウィーンのスポンサー、ラスティーズのライフサイクル

そんな、多くのキャラクター達のライフサイクルを追体験できます。

ライフサイクルの各局面での各キャラクター達の「決断」の瞬間に立ち会えます。

特に衰退期に差し掛かる各キャラクターの葛藤や決断は、見もので、学ぶべき要素が詰まっています。

この映画を通して自身の人生を投影しながら、自分自身のライフサイクルについて考えさせられました。

自身の人生を俯瞰できる機会をくれる映画だと思います。 

 

次作(カーズ4)についての予想

(僕は、カーズの次作(カーズ4)は、必ずあると思っています。

キーワードは上記で書いた「ライフサイクル」です。ライフサイクルという切り口でカーズ/クロスロードを見てみると、次の展開が無限に広がります。

個人的には、レーサーとしての「衰退期」を迎えたドック・ハドソンが、マックィーンと出会い、クルーチーフとしての「導入期→成長期」あたりが、次作として出る予感がしています。

 

カーズクロスロードを見るにあたって 

カーズクロスロードを見るにあたって「カーズ1」を見ることを強くお勧めします。

今回のカーズ/クロスロードは、カーズ1と2本で1本の映画と言っても過言ではありません。一度見たことある方も、今一度「カーズ1」を見てから、映画を観に行った方がより楽しめると思います。

 

息子が夢中になっているカーズのおもちゃ

ちなみに、うちの息子は2歳頃から6歳の今でも、カーズのトミカで遊んでいます。作りもしっかりしているし、おもちゃとして重宝しています。その中でもやっぱりマックウィーン。息子も一番手に取り遊びます。

 

あと、メーターも後ろの引っ掛ける部分を利用してレッカー遊びもできることもあって、息子のお気に入り。

 

そして、息子の中で、その価値が急上昇中なのが、映画の帰りに買ったストームのトミカ。映画でも速かった。

 

トミカ、費用対効果、抜群です。ホントおすすめ!

その他、カーズの東京メトロのスタンプラリーに挑戦した話も書いています。

SINGも個人的には名作でした。よろしければこちらもご覧ください。

▼Twitterもやってます