読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやこステップ

【子供】【旅】【生活】【日常】を思うままつづる夫婦ブログ

僕が独立して5年間駆け抜けられたのは、このアドバイスのおかげ。

f:id:oyakostep:20170429174444j:plain

夫です。

独立して自分の会社を持って、5年経ちました。

子供が生まれ、「18時に家に帰りたい&面白い仕事だけやりたい」という器の小さな超利己的な理由での独立でした。

 

それにもかかわらず、5年間、新規での営業活動をすることなく、すべて紹介だけで、常に一定の繁忙状態で5年間駆け抜けることができました。

謙遜でも何でもなく、ご縁とラッキー本当に恵まれたと思っています。

 

5年間やってこれたその理由を考えると、ある先輩からのアドバイスに行き着きます。
そのアドバイスがなかったら、ここまでやれていないと明確に言えます。


そのくらい、独立5年後にも活きているアドバイスです。

その先輩からそのアドバイスを頂けたことを本当に感謝しています。

今日は、そんな先輩からのアドバイスをご紹介したいと思います。

 

独立を控えた僕へのアドバイス

その先輩は僕とはふた回りくらい歳が離れています。すでに独立していて、会社も複数経営されている先輩です。

多くの独立する人を応援、アドバイスしてきた方です。

5年前、その先輩と食事としながら、独立の相談をする機会ももらいました。

その際に、先輩は、何気ない会話の一つとして、以下のようなこと教えてくれました。

 

「退職の挨拶メールを送った後、「ご飯行こー!」とお誘いの連絡がどれだけくるかで、独立後の成功/不成功が決まるよ」

 

その言葉がすんなり入ってきた自分。
失礼ながら、先輩からの他のアドバイスは全く耳に入らないくらい、その一言が強烈に頭に残りました。

 

先輩からのアドバイスの本質と僕の反応

先輩からのアドバイスの本質は、「退職前までにどれだけ本気で仕事や人に向き合ってきたか」、それこそが、「ご飯でも行きましょう」につながり、「その後の仕事につながる」と言った意味だったのでしょう。

つまり、退職メールの内容うんぬん、の話ではありません。

 

しかし、きっと、当時の僕はこれまでの仕事と人への向き合い方に不安を感じていたのでしょう笑

すでに準備していた、ネットで探せばすぐ出てくるようなテンプレート退職メールは、速攻で全消し。

また、退職メール送信者リストへの一斉メール計画も中止です。

相手の顔を思い浮かべながら、1件、1件、渾身のメールを送ることにしました。

なんなれば、「食事とか行きましょう!」って自分から誘っちゃってるメールもあったかもしれません。

今思うと、打算的で、ちょっと図々しいですね。

 

アドバイスがどう活きたか?

これまでの仕事のやり方に疑問がある僕でしたが、おかげさまで、退職メールの反応は想像を越すものでした。

退職前の約2ヶ月間、ランチと夕食の予定がかなりぎっしり入りました。

そして、独立からこの5年間の仕事は、ほぼ、その2ヶ月間で決まった仕事でした。本当にありがたいご縁に恵まれました。


なので、この5年間は新規営業を行うということはありませんでした。

独立を決意した瞬間は、仕事が決まっていたわけではなく、正直不安もありました。
ただ、独立がスタートする時には、その不安も解消されていました。

それは、ひとえにその先輩からのアドバイスのおかげだと思っています。


僕も、「独立をしたい」という方の相談を受けることが多くなってきました。

先輩からの受け売りで、
「退職の挨拶メールを送った後、「ご飯行こー!」とお誘いの連絡がどれだけくるかで、独立後の成功/不成功が決まるよ」

というアドバイスをさせてもらっています。

 

 

家族4人でキャンピングカーに乗って日本中を旅してみようと思い立った話

f:id:oyakostep:20170422201811p:plain

夫です。

 

家族で、今年の夏の終わりくらいから、来年の3月くらいまでの約半年間、キャンピングカーで日本中を旅する予定です。

そのことを周りに話すと、十中八九、質問攻めにあいます。ただ、その質問はほとんど同じもの。今日はそのよく受ける質問と僕のその回答をまとめながら、我が家がキャンピングカーで旅してみようと思った経緯などの書きたいと思います。

続きを読む

買って良かったマタニティ服〜身長150cm台の妊婦さんにオススメ〜

f:id:oyakostep:20170421175302j:plain

ツマです。

 

マタニティ期間は終了していますが、振り返ってみて重宝したマタニティ服・産後にも使えるマタニティ服をまとめてみました。

わたしの身長が150cm台半ばなので、同じくらいの身長の妊婦さんには特にオススメできるかなと思います。

続きを読む

【4、5歳も夢中になって遊ぶ】カードゲーム「レシピ」が楽しい

f:id:oyakostep:20170417202120j:plain

夫です。

息子も5歳になり、ボードゲームを一緒に楽しめる年齢になってきました。

世界のボードゲームが集結する高円寺のすごろくやにも、息子と何度か足を運んでいます。

なんだかんだでうちには10個くらいのボード(カード)ゲームがあるのですが、その中でも、特に5歳の息子がハマったゲームがあります。

それは、「レシピ」というカードゲーム。

 

面白そうなゲームが数多く並ぶすごろくやで、真っ先に「これがいい!」と息子自身で選んだものでした。

今日は、そのレシピで遊んだ大人なりの感想や5歳児の反応なりを書きたいと思います。

続きを読む

「早く着替えて!」と言わずに子供の着替えを15秒で完了させる必殺技

f:id:oyakostep:20170414164901p:plain

 

夫です。

子供ってホントに着替えるのが遅い。ってか、着替えないですよね。

特に忙しい朝。いつまでも着替えない子供に耐えかねて「早く着替えて!」なんて声を荒げてしまい、爽やかな朝がとげとげしい雰囲気に。

幼児の子供がいる親なら誰もが一度や二度はそんな経験しているんじゃないでしょうか?

 

うちの5歳の息子も例外ではありません。

ズボンとパンツだけを脱ぎ、下半身丸出しの状態で、おもちゃで遊び出す、しかも30分くらい、といった謎の行動も日常茶飯事。

理想で言えば、「○時までに着替えてね」といって、あとは本人に任せたいのですが、親の仕事の時間や保育園の時間もあり、そうは言ってられません。

そんなある日、なかなか着替えない5歳の息子に「ある策」を試したところ、効果テキメン!

30分間着替えなかった5歳の息子の着替えが約15秒で完了!

 

今日は、そんな劇的な効果があった必殺技をご紹介します。

続きを読む

お産の記録

f:id:oyakostep:20170413160743j:plain

ツマです。

 

第二子となる娘が誕生し、早10日が経ちました。

記憶が薄れないうちに、お産の記録を残しておこうと思います。

 

二度目の出産と言っても、お産はそれぞれ。

前回とは全く違う経過でしたが、二度目なりに陣痛時の痛みとの向き合い方など「出産」そのものに対して冷静になれた部分もあったかなと。

結果、陣痛時間は14時間と経産婦にしては長いように思いますが、「産んだ!」と言う充実感のあるお産でした。

続きを読む

子供が産まれた日のこと&思うこと。

f:id:oyakostep:20170312174103p:plain

夫です。

2017年4月2日に待望の娘が産まれました。

以下の記事で書いたとおり「いつ産まれても万事OK」という心持ちでいたところ、蓋を開けてみれば、「その学年で最も早く生まれた子」になりました。

今日は、娘が生まれた日のこと、そして、思うことを書こうと思います。

続きを読む

息子が「お兄ちゃんになりたくない」と言いだした

f:id:oyakostep:20170401193657j:plain

ツマです。

先日、別の記事で夫が書いた通り、本日が第二子の出産予定日です。

わたしたち夫婦はもちろん、息子にとっても「赤ちゃんが産まれる」と言う事実は本当にうれしいことなのですが、つい数週間前、「お兄ちゃんになりたくないんだけど…」と言ってくることがありました。

 

妹の誕生を控え、息子の揺れ動く今の気持ちをわたし自身が産後も忘れないよう書いておこうと思います。

続きを読む

平日のTDSでトイ・ストーリーマニアに3回乗った話

f:id:oyakostep:20170331083121j:plain

夫です。

 

先日の3月2日に家族でディズニーシー(TDS)に行ってきました。平日、かつ、ちょっと不安定な天気ということもあり、とても空いていました。

ディズニーの「待ち時間」から開放されたストレスフリーな1日でした。

ちなみに、前日の3月1日はディズニーランド。その記事はこちら。

また、5歳の息子も大好きなトイ・ストーリーマニアに1日で3回乗ることができました。しかも、3回の合計待ち時間も45分程度。

今後3月上旬(3月2日)に家族でディズニーシーに行く方の参考になるかもしれないので、トイ・ストーリーマニアに3回乗った方法についてまとめたいと思います。

 

続きを読む

早生まれだろうが、そうでなかろうが「万事OKだ」という境地に達した話

f:id:oyakostep:20170328051600j:plain

夫です。

第二子の娘の予定日は4月1日。予定日通りだと、学年で最も遅い生まれとなります。究極の早生まれです。1日遅れて4月2日に産まれると学年で最も早い生まれになります。そんな境目となる4月1日。

正直な話、予定日が分かった当初は「4月1日 学年 選べる」「早生まれ メリット デメリット」といったキーワードでネット検索とかをして、「何とか1日ずれないかな」なんて思ってましたが、予定日まで1週間をきった今は『早生まれであろうがそうでなかろうがどっちでも万事OKでしょ』とどっしり構えられるようになりました。

 

そんな心境にいたったのは、
1)中長期視点に立つと全く関係ない
2)そもそも考えても意味がない
と考えるようになったからです。

ひとつずつ、まとめたいと思います。

続きを読む

電車でこどもがグズリそう、でもおもちゃがない!そんな時は…

f:id:oyakostep:20170327144419j:plain

ツマです。

外出時に長時間の移動となる場合、こどもが飽きないようにおやつを持ったり、お気に入りの絵本やおもちゃを持ったり、それでも「まだ足りないかも」と頭を悩ませたことがある方も多いかと思います。

 

我が家は電車移動が多い為、30分以上の移動や乗り換えが多い時、息子が0歳~4歳頃までは、いつも数パターン用意していました。

 

ただ、日によってどれもヒットしないことがあり…そんな時に即興で思いついた手遊びで、息子が5歳になった今でも「やって~」と時々リクエストされる「お顔の冒険」をご紹介したいと思います。

続きを読む

Apple StoreでSIMフリーiPhoneを爆速で購入できて感激した話

f:id:oyakostep:20170325060045j:plain

夫です。

先日、夫婦揃ってSIMフリーのiPhone7に機種変更しました。
そのときのApple Storeでのスピード感や接客に、夫婦ともにエラく感動しました。

今日はそんなAppleでの買物体験について書きます。

続きを読む

1歳過ぎたらママバッグはリュックがオススメ!

f:id:oyakostep:20170323225226j:plain

ツマです。

赤ちゃんが歩き始めるまでは、抱っこ紐やベビーカーを使うことが多いので、ママバッグはトート型などが使い易いかなと思いますが、1歳前後の歩き始める時期になると、ママの役割も変化し、リュックがとっても役立ちます。

続きを読む

忙しい朝を「きなこストック」を使った朝食で乗り切ってみた

f:id:oyakostep:20170320171911j:plain

ツマです。

数ヶ月前ですが、保育園で「今日の朝ごはんは何を食べましたか?」と言うインタビューがありました。

お迎えに行くと、こども達の回答がスケッチブックに色とりどりの色鉛筆でかわいく書かれ、掲示されていました。

が、当然…多くのママ達にとって、抜き打ち朝ごはんインタビューは衝撃的すぎて、登降園時はお互いに共感したり、なぐさめ合ったりしていました。

続きを読む

子供~大人まで『生きる意味』を110分で教えてくれる映画「SING/シング」が面白かった【極力ネタバレなし】

f:id:oyakostep:20170325173125j:plain

夫です。

今日、5歳の息子と3月17日から公開された映画「SING/シング」を観てきました。

sing-movie.jp

わりと大きな映画館がチャリ圏内ということで、かなりの頻度で映画館には行きますが、個人的にはここ数年の中でも最も良かった映画でした。

もちろん、「5歳の息子のため」といった【親視点】もそうですが、1人の大人としても得るものが多かった映画でした。

極力ネタバレしないように、何が良かったのか、を書こうと思います。

 

続きを読む